桑原さんのコースター



お盆で帰省してた残党と乾杯


クリームビールクリームビール…
ビールクリームビールクリーム…


思わず鼻歌がでそうなアワアワ〜なビールだった。


で、
あれ ?
おんやぁ〜 ?!


あらま、
このコースター…
余目の木工作家・桑原さんの作品じゃんか !


それに気が付いたら
アワアワ〜が
ウマウマ〜に


やっぱ
シチュエーションは大事。


俺んちのガレージには子供のスニーカーがプカプカ浮いてんの

俺んちは灯油タンクがプカプカしてた

俺んちなんか畑に積んでた松ぼっくりが綺麗さっぱり消えてよ、掃除しなくて良くなった


昨日の豪雨は…
今夜の酒のつまみなり。


おしまい

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
横顔フェチ



右のポケットにネーブルオレンジ、
左のポケットにチョコバー、


いいバランスだ。


気分良く、このベンチに座ってみた。
素敵な横顔のベンチよ。


すると、


消え失せようとしていた私の生命を、
ビタミンと炭水化物が防いでる。


と、気付いた。


そう、たまには…
身体に悪いモノも必要。




おしまい


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
根黒塗りの五段重


或る日突然、

『こげだな、あっけども、どげだ〜?』

親切な骨董屋さんが運んで来たのはコレ、桐箱入の五段重。

しかも、根黒塗りー !!



厳かに…
蓋をスルスル〜、

開けてビックリ玉手箱。

干からびた和紙に包まれ、
お行儀良く積み重なった重箱ちゃん。

この雄姿を見た瞬間、
半年前に私の店で彼女が呟いた台詞が蘇ったの。

『うさぎさん、もっと大っきい重箱ないっすか ?』

私、天才かも…
欲しい方と欲しいモノを繋ぐコトに。



うっひゃ、ひゃー !

なんと艶めかしい…
なんと気品溢れる…
なんと美しい…
なんと貴重な…

そんなこんなで、彼女が持ち去る前に記念写真をパチリ。


大切にしてもらってね、重箱ちゃん!



おしまい

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
積木椅子


余目在住の木工作家、桑原信之さんの積木椅子。

初孫が幼稚園に入園するから、婆ちゃんからのお祝いにした椅子。

その子が次の次の春には小学生。
桑原さんに学習机のオーダーすると娘夫婦からのメール。

なんか、
なんか、
なんか、とっても感慨深い。

学生結婚して…
卒業を前に赤ちゃん産んで…

その赤ちゃんが赤ちゃんを産んで…
その赤ちゃんが幼稚園から小学校へ。

桑原さんの工房…
無数のカンナ屑…
乱立する板…
転がる木のチップ…
端材を燃やす巻きストーブ…


愛娘の入学祝いにワクワクして訪れる娘夫婦の姿が目に映る。

木の匂いに満たされた工房で、好奇心のアンテナを張り巡らせハシャグ二匹の孫の姿が目に映る。

ピキーン !

あたしも一緒に行こうっと。


おしまい


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
型枠

ある日突然、これが姿を消しました。




空いた空間に何、ディスプレイしようかな?


とりあえず、
お父ちゃんが描いた油絵とわらぐつを配置。


ここだけ、いつも秋やな…



おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あたしは雑貨屋さん


世界中にジャパニズムが大旋風してた頃、和柄がもてはやされていたから仕入れたアレコレ。

はて、どうやってディスプレイしたもんか…

ふらりと立ち寄った骨董屋さん。
店の外に無造作に置いてあったコイツに目ん玉が金縛り!

あ、これ、これ、これよ…躊躇なく購入。

あれから数年、お洋服を仕入れては飾り、売れては飾り。


それが、どっこい !

最近、何故か盆栽作り名人が常連客となりました。
彼の作品は超有名なホテルのロビーや結婚式場やコンサート会場に引っ張りだこなんだって!

…で、その彼が曰く『これ、なんぼ?』

あ、そうですね、コレにお客様の盆栽を飾るのも素敵ですよね。

適当に話した…
適当に値段決めた…
適当に談合した…


なんなんでしょうかね、この流れは。



おしまい


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三輪車


大人のあたしだって乗れる三輪車。

作者は素敵な仲間達よ。
障がい者施設がある、羽黒の“桜ヶ丘”に入所してる木工班の作品なの。

車輪のネジも木製。
ちゃんと大人だって乗れるんだよ!

乗客の第一号は、お友達から頂いた山茶花ちゃんね。

山茶花ちゃん、
三輪車に乗って何処に行くの?



思わず、童心に返り三輪車に跨がるうさぎ。

マフラーは娘が…“ 私、これ要らな〜い ”
トレーナーは息子が…“ 俺、着ないから ”
ジーンズ…あたしが20年前に勝ったヤツ。
スニーカーは娘が…“ 二つあるから ”

自腹はジーンズと靴下か…
ま、これも幸せの形ですかね。


おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逸品


うちの孫が、齧っちゃったんだよね〜、この先っぽを。

どれどれ? ありゃ!
うーん、朱赤の漆が禿げてますねぇ。
うさぎが人参を齧ったみたいに木肌が顔を出してますねぇ。

なんとか漆職人さんに塗り治して頂けないかしら?
うさぎさんは沢山の作家さんを御存知でしょう?

うーん、何気におだてられてる。
花うさぎのプライドに掛けて、ここは何とかせねば!

地元の陶芸家.中村秀和さんに即電話。
今は分業の時代だから、木地作りと漆塗りを一緒にしてる所な無いかも…

木工作家.桑原信之さんに電話。
知らん…

うーん、頭捻って考えるうさぎ。何処かないかな?おっと、新潟の村上椎朱?それとも、真室川のうるしセンター?

よっしゃー、県内にしよう!
早速、真室川のうるしセンターに電話。
以前、そちらの作品を店に置かせて頂いた花うさぎと申します。

そんなこんなの思考錯誤の末、見事に蘇った漆のスプーン…“さじ”と呼びたい。

赤ちゃんの小さな前歯でチビッと欠けたスプーンちゃんが、より深みを増した漆色で綺麗になりましたよ。

齧った跡なんか全然わかんない!
これが、手仕事のチカラと言うものなんですね。

納品書に添えられたお手紙…
初めは直せるかどうか、欠けた部分はどのように補修したら良いか、考えました。やはり、現物があるのとないのとでは違います。
お預かりしたスプーンの塗り直しが終わりました。少し、色が濃くなってしまいましたが、いかがでしょうか?
新品同様とは行かなくても、お客様が塗り直しをしてまで使いたいと言ってくれるのは、漆の仕事をしている者としては大変有り難い事です。


私は雑貨屋さんだけど、幸せな雑貨屋さんだと染み染み思いました。


おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
孫の入園式
画像-0044.jpg

春の日曜日、朝から素晴らしい青空…まるで空からの贈り物のような日和。

孫の入園式に出席した。

久しぶりに袖を通した紬。春らしく…半襟は黄緑色に桜の刺繍、帯は淡い桜色の名古屋帯。

初孫の小さな旅立ちを祝って、いそいそと身支度をするこの幸せ。

暫く着物を着て無かった。

嫌な事、悲しい事、不安な出来事が日本中に溢れていて袖を通す気になれなかったから。

入園式♪
臨月のお腹を…満月、いや、風船、いや爆弾の如く抱えて行進する私の娘と小さな孫。
娘と孫が繋いだ手は私の昔の姿。

ふたつのシルエットを離れた席でじっと見守る私は、お婆ちゃん!

桑原さんの積み木椅子がお店にやって来た時から、いつかこれを孫の入園祝いにしようと決めていたの。

クレヨンでイタズラされても良し。
マジックで取り返しがつかない落書きをされても良し。
ナイフで何かを彫られても良し。


この椅子に思い出がいっぱい刻まれて、孫は成人し、やがて旅立つ。次は母親である娘がその椅子を愛すると思う。

私が死んだらこの椅子が残る。

桑原さんの椅子は引力があるから、私や娘や孫の沢山の少女時代を座らせる、きっと!

もうすぐ二人目の孫が誕生するの。

私はお婆ちゃん♪


おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木彫りのうさぎ
画像-0022.jpg

『今すぐ僕を連れてって、キャンピングカーの大きな尻が見えたりしないところに連れてって。』

そう言いたげかどうかは別にして…

とうとう、巣穴から姿を現したうさぎは捕まりました…君に!

『ここの店、前から気になっていたの…』と合言葉を吐く友達を連れて来た君、上司の退職記念品を散々迷って決めたのは…自分の物。


小さな切り株に…
丸い椅子に…
ピアノに…
電線ドラムに…
ケーキドームに…
窓辺に…
店先に…
栗のロングベンチに…
シンガーミシンに…
古椅子に…
ガラス棚に…
桑原さんの作品に…
レコード盤に…
和箪笥に…
時には欅ホールにも…


花うさぎの全てを知り尽くしたコイツがやっと、やっと、やっと!

陽の目を見る朝が来たよ〜♪

もう、石になって生きることもないんだよ。
とことん無関心でいることもないんだよ。
兵士のように命令をまつこともないし、夜も一人じゃないよ。


ほら、これからはスポンジケーキのような柔らかなベッドで寝て、スープのような生ぬるい部屋で過ごしたまえ、君と君。


おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・木 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS