<< 噛み合わぬこころ… | main | ハウス >>
昼の顔


“ 走るとすぐに夏になるよ ”

そう、君たちは教えてくれたけど、呼吸するだけで夏になるよ。

このビール瓶のような色をしたまんまるの中に見える景色はね、

小魚の群れが向きを変えたる時の煌き…
小アジの銀鱗が音楽堂のステージを群舞する光束…
秋刀魚のしなやかなターンが描く七色の海流…

そんな昼の顔かしら。

浜辺であたしが水平線に、ぼんやりと虚ろな視線を向けてるとね、

陽がチリチリと砂を焼き…
月見草が哀しいほど萎え…
樹木は葉裏を風にひらめける…

これも昼の顔かしら。

きっと、このまんまるはあたしが身を包む程の木陰に座を占めた瞬間、謳うかもよ。

『 金峰の山路に咲ける赤まんまは幼きころの花いちもんめ 』


おしまい

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| L商品紹介・硝子 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| - | 20:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS