<< キッチンから | main | 保育所ジャック その二 >>
画廊花うさぎ


いくまいも
いくまいも


黄金の銀杏が舞い降りるように…


ふんわり
ふんわり


無口な風が
ベンチの頬を撫で
忍び込む昼下がり。


無口なふたり
静かに飲む珈琲


だからわたし、
日本画へ瞳を泳がせた。


風は風で…
どこ吹く風


無意識の奥底で
だれにも告げず花ひらく
みずいろの服着た夏の花


そんなことやらを
額の中の花と会話してみる


どうやら…


無口なふたりは合意に達したようだ。


風と共に、
この絵は、
無口なふたりが、


持ち去ってしまわれた。


ありがとう、
さようなら、
夏の花。


画廊花うさぎより



おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| 商品紹介・その他 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| - | 21:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanausagiblog.jugem.jp/trackback/1412
トラックバック
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS