<< 読者プレゼント | main | キッチンから >>
姫鏡台



わたし、
この店でお買い物するのが夢だったの。

はじめてのお給料日
あの娘はいいました
私はグッときました

あの娘が初めて私の店に通うようになったのは高校二年の秋

寒い寒い冬
年が明けて
啓翁桜の頃

ピョン!

まるで白兎が山から下りて来たかの如くふわふわなショールで身を包んだ晴れ着姿の娘

あ、
成人式なんだ、今日。

匂うような美しさ…
雪の妖精のごと…

すぐ、名前が出てこない
突然のご褒美が喉を塞ぐ

高校を卒業して社会人になっても私の店へ通ってくれたよね。

初給料
やっと夢を叶えます


お世話になったおじいちゃんとおばあちゃんにお揃いの湯呑

お母さんとお父さんにはお揃いのお茶碗

おとうとにはマグ

記念すべき初給料を私の店で吟味して選んで下さってありがとう !

やがて
あの娘に結婚の話がちらほら
私も彼女のお母さんのごと…

おとうとも就職し
少し貯金も出来たよね

やっと買えるの…



かわいい
かわいい
姫鏡台

かわいいあの娘の部屋に嫁ぐ日


おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| 商品紹介・その他 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| - | 13:05 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanausagiblog.jugem.jp/trackback/1543
トラックバック
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS