<< 情報は隠せない | main | 年下… >>
俯瞰する



真上から自分を見下ろしてみた
言葉にならない不思議な感覚



時として………



人は皆
身体の自由を奪われた時や
極度の恐怖を感じる時に



心だけでも
自分から抜け出したり
離れて行こうとするもの



そうやって、
自分を守ろうとするのサ



目の前の
恐怖や緊張感を無かった事にしたり
ゼロに戻して第三者に変幻するのさ



そうすると
自分が今どんな状況にいるのかが解る



君が昨夜の夢で
恐怖の源を捕まえた場合



ブロー、
ブロー、



死ぬほど殴ったでしょ?



イタッ…



顔から飛び散るのは
涙か、血の味か?



目覚めると
口の中を無意識に噛んでいたり
唾液と血の匂いで我に帰るのサ



人の運命は
誰にも変えられないし支配もできない



たまには
真上から自分を見下ろしてみるかぁ〜♪



………………………………………………………………
孫二号とジャレて熱い珈琲を全身に浴びた日のうさこの体験談をレポートしてみた。




おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| 日記 | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| - | 06:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanausagiblog.jugem.jp/trackback/2456
トラックバック
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS