<< いちばんすき! | main | うさこ、温泉に沈むか? >>
母の恋
海近き温泉宿に妻と来て燃ゆることなく潮騒を聞く…



この歌は私の母が愛した歌人の一首。


高校生だった私に母は、
『年賀状に近況をしたためるのが愛の形だった』



母の独白を聞いた夜、
何故か母が愛おしく感じたの。



私も…
いくつかの恋をして、
いくつかの愛を得た。



母が星になってしまった今、
母の一途な思いは私を映す鏡に思える。



もうすぐ新旧交代の季節。



過去も…
未来も…



窓辺で外を見つめる君と、
今夜のやや太る月。



新月の季節…

……………………………………
私の作品が、嫁ぎ先から素敵に飾られてる画像が届いたよ。生みの親の気持ちす、す、す〜〜。




おしまい
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| 日記 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
| - | 15:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanausagiblog.jugem.jp/trackback/2693
トラックバック
MENU
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最近の記事
月別の見出し
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS